• このエントリーをはてなブックマークに追加

赤ちゃんのいる家庭で重宝する電動鼻水吸引器の使い方

日ごろなにげなく行っていることが、実は「とてもすごいこと」という行為があります。その一つが「鼻をかむ」という行為です。大人は鼻が詰まりますとティッシュを取り出し鼻をかんで鼻水を取り出し鼻の空気のとおりをよくします。これがは大人にとってはなにげない行為ですが、生まれたての赤ちゃんではできない行為です。 その赤ちゃんの鼻が鼻水で詰まってしまいますとお母さんが取り除いてやる必要があります。口呼吸もできますが、やはり鼻呼吸ができることは基本です。昔は、母親が口で吸いだしていたりもしていましたが、現在の医療方法では推奨されていないやり方です。 そのときにお母さんをサポートするのが鼻水を吸引する器具ですが、これには手動と電動の二種類があります。

手動式機器と比べたときの電動鼻水吸引器のメリット

鼻水吸引器にも手動式のものから電動式のものまでいろいろありますが、手動式はパワーが弱いという短所があります。例えば、スポイト方式のものがありますが、ほとんどと言っては言い過ぎかもしれませんが、そのように感じたお母さんたちは少なくありません。口で吸うタイプのものはスポイトよりは吸引力がありますが、お母さんに風邪をもらう可能性がありますし、赤ちゃんが動き回るときは使いにくいという問題があります。 電動鼻水吸引器はそれらの短所や問題点を解消してくれます。強いて短所を言いますと、手動式に比べて値段が高いということですが、その短所を補ってあまりあるメリットを感じることができます。電動式にもハンディタイプと本格的なタイプがありますが、電動式の本来のメリットを享受したいなら本格的タイプです。

本格的な電動鼻水吸引器の使い方

本格的な電動式鼻水吸引の一番のメリットはその強力な吸引力です。ほかのものとは比べ物にならないのは間違いありませんが、強力であるがゆえに使い方にも注意が必要です。相手は赤ちゃんですので大人に対するよりも優しく行う必要があります。大人でも耳鼻咽喉科で鼻の中に吸引器具を入れられたときは不快感を覚えますが、赤ちゃんはそれ以上に感じて当然です。 使い方は各メーカーにより様々ですが、共通しているのはノズルを鼻の中に入れることです。鼻水にも種類がありますが、粘り気のないものは吸い込みやすいですが、風邪をひいたときにでる粘り気の強い鼻水のときはコツを身につける必要があります。 繰り返しますが、赤ちゃんがノズルを見ただけで拒否反応を起こすようにならないことが一番のポイントです。それさえ気をつけるならとても便利な道具です。