• このエントリーをはてなブックマークに追加

とにかく楽な手入れの電動鼻水吸引器がおすすめ

不快な鼻水の症状が出た場合、すっきりするために耳鼻科に行って吸引してもらう人もいるでしょう。赤ちゃんや小さな子供がいる家庭では、ティッシュで上手く鼻をかむことも出来ないため、吸引のために病院へ通う回数も増えるのではないでしょうか。 そんなときに便利なのが、家庭でも鼻水を吸引できる吸入器です。なかでも、電動鼻水吸引器は吸引力が強く、一度ですっきりとするために利用している人も多いのです。 しかし、鼻水にはいろいろな細菌が含まれています。使用後にはしっかり手入れをしないと、家族に感染が広がったりすることもあります。また、そのまま放置することで、鼻水がチューブの中で乾いてしまい、使用できなくなる可能性もあります。そのために、吸引器はお手入れをしっかりすることが大切なのです。

使用感と共に、メンテナンスが楽なことも重要

電動鼻水吸引器は、わざわざ病院に行かなくても、不快な鼻水の症状を和らげることが出来るため、人気の高い商品です。しかし手動式と比較して、価格が高いという点があります。そのため、少しでも長く衛生的に使用するために、日頃のメンテナンスが重要となるのです。とはいっても、メンテナンスが面倒では使い続けることも難しいでしょう。鼻水の症状が出ているということは、それだけ体調が優れないということです。子どもが鼻水に悩まされているときは、熱や腹痛、だるさなど他の症状を伴うことも多いはずです。病気の子どものケアで忙しい中で、さらに鼻水吸入器の手入れを行うことは大変です。ですから、メンテナンスが簡単で、しかも部品の劣化などがしにくい構造の方が、長く使用できる可能性が高くなるのです。

特に大変なのはチューブの部分であることが多い

電動鼻水吸引器の手入れで、もっとも面倒を言われているのがチューブの部分です。本体は水洗いできるものがほとんどで、どこのメーカーでもメンテナンスのしやすさに大きな差はありません。しかし、チューブの掃除においては、メーカーによって差が出ることがあります。吸入器に接続されているチューブの中を、直接鼻水が通る場合は使用後にチューブの中の洗浄を行う必要があります。それを怠ると、鼻水が中で乾いてしまい使用できなくなる可能性があるためです。ただ、鼻に当てるノズルの手前に鼻水を貯めておくキットがついているタイプは、そこに鼻水が落ちるためにチューブ自体を都度洗浄する必要がないのです。チューブの洗浄は、洗うことも大変ですが、きちんと乾燥させることも大変です。そのため、手入れの楽な方を選ぶのであれば、吸引キットがついているタイプを選ぶことがおすすめです。