• このエントリーをはてなブックマークに追加

電動鼻水吸引器の選び方ポイントとは

身体の免疫力がまだまだ未熟な赤ちゃんや小さな子どもは、大人と比べると気温の変化や病気の流行などに影響されやすく、注意が必要です。特に鼻水が上手くかめない年齢の子どもは口呼吸になって息苦しさを感じたり、副鼻腔炎や中耳炎などに発展する恐れもあるため、親が積極的に鼻水を吸引してあげることが大切です。チューブを鼻に入れて親が口で吸うタイプの安価な吸引器もありますが、二次感染の恐れがあることを考えると安心して使える電動鼻水吸引器の利用がおすすめです。 近頃は家電量販店だけでなく、インターネット通販サイトなどで誰でも簡単に購入することが出来るため、家庭で出来るホームケアの一つに鼻水の吸引を加えると良いでしょう。そうすればわざわざ耳鼻科に行かなくても鼻をすっきりさせることが可能です。

どんなタイプを選んだらよいのか

電動鼻水吸引器の購入を考えるとき、タイプに注目した選び方をするのがおすすめです。大まかに分けると電池を入れて使うハンディタイプと、コンセントに繋いで使う据え置き型とがあります。ハンディタイプは気軽に持ち運びができて軽量なので、ストレスなく気軽に鼻水を吸引したい人に向いています。据え置き型のほうは重さがあって持ち運びに適していない反面、いつでもパワフル吸引出来る点が魅力的です。外出先や頻繁に実家などに泊まる機会がある家庭ではハンディタイプがおすすめですが、鼻の奥に溜まった鼻水まですっきり吸い込みたいと思う家庭では据え置きタイプがおすすめです。 タイプによって本体価格も大きく異なるため、利用する人の数や予算などに応じて自分たちにぴったりなタイプを選びましょう。

使い勝手の良いものがおすすめ

電動鼻水吸引器を購入するときには使い勝手の良し悪しに注目した選び方がおすすめです。やはり一番に確認したいのは吸引力の強さです。入口付近の鼻水だけでなく、鼻の奥の方で溜まったどろりとした鼻水も吸引できるほどのパワーかを確認しましょう。赤ちゃんに使用することも考えている場合は、小さな赤ちゃんの鼻の穴に吸引口かどうかも重要です。 また吸い出した鼻水には風邪などのウイルスがたっぷり詰まっているため、洗いやすさに注目した選び方もおすすめです。各パーツを取り外して洗えるか、殺菌消毒が出来るかなどに注目してみましょう。洗浄が不十分だと色々な菌が繁殖する恐れもあるため、取り扱いをするときは殺菌消毒スプレーなどを使うのもおすすめです。このように色々な面を確認してから購入すると良いでしょう。